ニュース

2013年5月15日

和歌山県警のセクハラ、処分無しの野放し警察官!

店舗名
和歌山県警のずさんな実態をまとめるサイト
ホームページURL
http://olive36.com/
詳細情報

絶対に許されない和歌山県警のセクハラレイプ

警察官による痴漢やセクハラなどの犯罪が
ニュースに取り上げられたりしています。
あってはならない事ですが、100歩譲って警察官も人間なので
その罪に対して相応の処分があるならまだしも、
処分も何も無しで野放しになっている事件があります。


それは男性が酒に酔っ払ってホステスの
胸を触ったとの通報により、その参考人として奥さんが
警察署に呼ばれました。

参考人にすぎない女性に対して
個室に1対1で女性警察官の立ち会いも無し。
個室のドアも半開きで他警察官にも聞こえる状態で
夫婦との性生活についてありとあらゆる卑猥な質問を
3時間以上にわたって行った警察官が和歌山県警に今もいます。

もはやそれは警察による「言葉のレイプ」「職権乱用よるレイプ」。

この後、その女性は鬱、睡眠障害におちいり、
PTSDと医師から診断されるまでになってしまいました。


これに対し和歌山県警は、
その警察官に対して処罰どころか
女性に対しての謝罪も無し。

挙げ句の果てにこの警察官の出世まで容認している。
おかしくないですか?

一般人であれば、このような性的な犯罪、冤罪疑惑ですら
会社はクビ、社会的に抹殺されるのに対して
警察の身内による犯行だから?お咎め無し。野放し。

このような人が警察官としてふさわしいでしょうか?


このように許されない事件について
当サイト「和歌山県警のずさんな実態をまとめるサイト」では
多くの皆様に事実を知って頂くために情報を公開していきます。

ぶつけた方が良いんだが… (2013年5月18 日)

... 知人女性にセクハラ行為をしたとして40歳代の男性警部を減給10分の1(6か月)、2010年9月には2日間無断欠勤し ... 依願退職 (読売新聞) 【和歌山県警捜査2課長の警視が元同僚の女性警察官と不倫関係を続けていた問題で ...


警察関係が多い… (2013年5月18 日)

... 知人女性にセクハラ行為をしたとして40歳代の男性警部を減給10分の1(6か月)、2010年9月には2日間無断欠勤し ... 依願退職 (読売新聞) 【和歌山県警捜査2課長の警視が元同僚の女性警察官と不倫関係を続けていた問題で ...


ネット時代の先 つまりスマホの時代の更に先に有るモノを。 ... (2013年5月13 日)

... 捏造したとして証拠隠滅と有印公文書偽造・同行使に問われている和歌山県警科捜研の元主任研究員・能阿弥昌昭被告(50)は ... そんな中お金もらえるのに「なぜ結婚しないの?」というセクハラ発言が職場に蔓延し、事実婚への風当たりが強くなり ...